供花の送り方やマナー

キーワードは全体のバランス!供花のマナーと送る際のチェックポイント

おすすめリンク

八王子で故人にあった家族葬

八王子市にある葬儀会社では家族葬でも複数のプランを用意しています。故人にあった葬儀が可能!

釈迦の死が供花の謂れ!最も重要な「全体のバランス」とは?

故人に花を送る供花(きょうか、くげ)とは、本来仏式の葬儀で行われてきた慣習でした。
しかしながら今では、教義上死に対する捉え方が異なる神式やキリスト教式の葬儀でも、仏教の供花に近い感覚で花を送ることが広く行われています。

ここでは供花の基礎知識や送る際のマナーを中心に、ご一緒に学んで参りましょう。
宗派別の供花の特徴についても、ザックリながら解説しています。

一般的に二基(一対)で送られる供花は、飾る際に斎場のスペースにバランスよく収まること、花の色調や種類が他の供花との調和が保たれていることが重要なポイントになります。
また、供花を飾る場合にも、祭壇を中心に個人に近しい人からのものから順番に並べて設置するという約束事があります。

供花を順序立てて綺麗に飾るためにも、設置作業(通夜の午前中もしくは告別式当日の朝)までには、会場に届いている必要があります。
それらの理由から殆どの場合、供花は葬儀を行う業者が自社で賄って手配されています。

社会情勢の影響から葬儀の規模が縮小されつつある今日において、供花を辞退する遺族も次第に多くなってきました。
供花を送りたい場合はその旨、必ず事前に遺族と葬儀社に対して確認する必要があります。
万一、遺族が個人の意向などを理由に辞退の申し出を行った場合、決して無理強いしてはいけません。
遺族の負担にならない形でのお悔やみを検討するようにしましょう。

どうしても個人で手配して、自分で選んだお花を贈りたい、遺族から受け取り辞退はされたものの、花を通じて弔意を示したいなどの希望が強い場合、斎場ではなく個人もしくは遺族の自宅宛にかごアレンジの生花を送る方法もあります。
自宅に花を届けるパターンは直葬や家族葬といった小規模のお葬式でも対応でき、花の種類や色も比較的自由に選べることから人気が出始めて、依頼数の増加の傾向が見受けられ、供花の新しい形として注目されています。

これだけ知っていれば失敗しない!供花の基礎知識と送り方

供花を送る風習は釈迦の死を悼んで空から花が降ってきたという故事に因んでいます。 故人や遺族に失礼のない供花を送るために最も重要な点は「バランスよく、タイミングよく」手配することだといわれています。 果たしてどんな「バランス」そして「タイミング」なのか、供花の基礎知識を学びましょう。

受取辞退の場合も!供花を手配する上での基礎知識とタブー

供花を送る上で一番大事な点は「飾られる花を」タイミングよく手配することです。 飾りつけに間に合わなかった、他の供花とのバランスが悪いなどの場合、送った花が飾られなかったり、遺族から受取自体を辞退されたりするケースもあります。 斎場の限られたスペースに供花を飾ってもらうために注意すべきことをまとめました。

宗派別の供花あれこれと適正価格の相場

もとは仏教上の習慣だった供花は、現在の日本において神道やキリスト教のお葬式でも慣習化しました。 宗教によって、死や葬儀に関する考え方も異なり、供花の送り方にも違いが見られます。 宗派別の供花と送り方の注意点、さらには遺族の負担にならないための配慮について考えてみました。