賢くオシャレ?古着の活用方法とは?

実店舗のメリット・デメリット

触って素材を確かめて購入出来る

古着店と言えば、実店舗をイメージする方が多く多くの方が利用した事があるのではないでしょうか?そんな実店舗ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?
古着を購入するにあたって重要なのは、サイズや色だけではなくその衣服が持っている雰囲気です。ネット通販でも古着を購入する事は出来ますが、自分の手で触ってしっかりと吟味したいという方は実店舗が良いでしょう。
例えば古着の代表であるデニムは同じ型番でも、色落ちや日焼けなどで大きく異なります。それを確かめながら購入出来るので、自分に合ったスタイルに近づく事が出来ます。また知識のある店員に古着の情報を確認したり、時には仲良くなったり出来るのも実店舗の特徴といえます。

店舗によって品質が違う

メリットがあれば必ずデメリットが存在するのですが、実店舗というのは日本国内に数多く存在します。チェーン店から個人経営まで様々なのですが、店舗によって品質が大きく異なるのがデメリットとして挙げられます。
その店舗に足を運ぶ客層にもよりますが試着した古着を畳んでいなかったり、シワやシミがあるままにして販売していたりするケースもあります。いくら良い古着でもこの様な状態で購入したいとも思いませんし、価値のあるアイテムなら尚更です。
ちなみに実店舗では一点ものをほとんどですので、次回またチャンスがあるか確約出来ません。ネット通販であれば、ある程度の検索が行えますが膨大な古着の中から、自分に合ったものを選択するのは至難の業です。


シェア
TOPへ戻る